カードローンの利用限度額はどのように決められるのかというと、基本的には利用者の希望額が尊重されますが、審査の内容によっては希望額よりも足りない額になることもあります。ただ、一度設定されると二度と利用可能枠が増えることはないわけではありません。増枠申請を行うことで上がることもあります。では、どういった条件が揃うとカードローン枠は増えるのでしょうか。
まず、もっとも重要といえるのが利用実績です。たとえば、カードローン借り換え審査の直後に設定された枠に不満があるからと、すぐに増枠申請を行ってもほぼ確実に却下されます。使ってもいないのに枠が足りないということはあり得ないからです。しばらくの間、借り入れと返済を繰り返すことによって実績が溜まっていき、この客はよくカードを使ってくれると貸金業者に認められたら上げてもらえる可能性が出てきます。
次に他社からの借入状況も重要です。申し込んだときには他社からの借入はなかったのに、増枠申請した時点ではほかの貸金業者から借りているということになると、審査はだいぶ厳しくなるでしょう。多重債務になれば、それだけで返済が難しくなっていくからです。そういった状況に陥っている人に対し、今以上に借りられるようにするというのは貸金業者にとってはリスクが高いわけです。
なので、増枠申請は他社から借り入れる前に行うようにしましょう。つまり、今よりもお金を借りたい場合は、現在契約しているところからできるだけ借り入れるようにするのが安全といえます。